資産運用

2019年の投資方針

主力としている米国株が2018年末にかけて大幅下落し、2019年に入り急速に戻しつつある投資環境の中、今年の投資方針を決めました。

なお、長期的な目標あくまで経済的自由の達成。
連続増配株で自分年金を作るのが目標です。

つみたてNISAの活用

2018年から始まったつみたてNISA。
2018年は妻だけつみたてNISAを始めて、夫の私は現行NISAを継続していました。
が、2019年からは夫婦でつみたてNISAにします。

NISA口座を楽天証券に移管し、楽天カードで購入していきます。

つみたて先は以下のとおり。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
楽天・全米株式インデックス・ファンド

半々で上限いっぱいに積み立てていきます。しばらく放置でいじらない予定ですが、一方があまりにトラッキングエラーを頻発しているようなら、どちらかに一本化することもあるかもしれません。

楽天カード積立投信の活用

楽天カードの投信購入可能額(5万円)からつみたてNISA利用額を引いた残りは

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

を積み立てていきます。
こちらもしばらく放置する予定です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)

SBI証券のセレクトプランに移管したことで、一旦手持ちのものが売却されます。
2018年末に全て含み損状態でしたが、ひとまず利益が乗った状態で移管されることになりそうな今日この頃の相場ですが、いかがでしょうか。

iDeCoでは、

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

を2:1で積み立てようと考えていますが、一旦無リスク資産に移して、年単位拠出に変えて、様子を見ようとも考えていて、流動的です。

個別株は利確、損出しし、キャッシュを積み増す

2020年にリセッション、と予想する人が多いようですね。
本当にリセッションが近づいているのか、誰にもわからないことですが、いい感じに利益が乗っているSBUXなど個別株は、利益が乗っているうちに徐々に減らしていきます。
ただ、NISA枠で大損になっているPMやGIS、KHCは配当にかかる税金を減らす為にも持ち続けます。

2018年末のような大きな下げがあったらもちろん別です。
2019年早々に底値でAAPLを売却するという大失態を犯しましたが、それより下げるようなことがあれば、喜んでAAPLに飛びつきます。

持株会は流動的

東証カジノ500なんて指数があったらきっと当社も組み入れられるんじゃないかと思うくらい、上下動が激しいことを身にしみて感じています。
上がったり下がったりを繰り返すので、どうしても助平根性がわいてきて、高値で売りたくなってしまうのです。

奨励金という「安全域」10%前後でマイルドに動いてくれていれば、そんなことはないと思うのですが・・・。

ということで、今後も持株会に全力を注いで奨励金を得るか、リセッションによる株価暴落を見据えて金額を減らすかは流動的です。

債券への投資も流動的

まだ30代前半ということもあり、株式100%のアセットアロケーションでいいと考えていましたが、レイ・ダリオのオールシーズンズ戦略の考え方を取り入れてもいいのではないかとも思っています。

が、先の通り30代前半で、資産額も1000万そこそこということもあって、そこまでリスクを取る必要があるかというところで悩んでいるため流動的です。

タイミング投資は危険

アクティブ投信がインデックス投信に勝てないことはもはや常識のようになっているので、まして個人投資家なんてタイミングを図って、さらに銘柄選択をするのは危険だということもわかります。

だからこそ、最低限つみたてNISA、楽天カード投信、iDeCoで夫婦合わせて160万/年はインデックス投信を積み立てていき、長期にわたって放置。今の入金力だと全体の3割程度ではありますが。

皆が悲観的になっているときこそ買い

2018年末の調整局面と、2019年1月からの戻し相場を見て思ったこと。
私の投資バイブル的存在になっている「投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識」

皆が悲観的になっているときは楽観的に、皆が楽観的になっているときは悲観的に。やはり逆張り思考だなと今回改めて感じました。

一定額インデックス投信でほったらかし投資しつつも、逆張り投資でリターンを得たい。だからと言って個別株やらずにインデックス投信やETFでもいいじゃないかという声が聞こえてきそうですが。

生活防衛資金の積み増し

生活防衛資金の考え方は以前整理しました。

もしもの備えの生活防衛資金。DINKSは生活費の何ヶ月分の貯金をするべきか生活防衛資金とは、リストラ、災害、病気などのもしもが発生しても、生活をしていけるように蓄えておくお金のことです。 言いかえると、収入...

今の状況を考えると3ヶ月でいい、ということは変わっていないのですが、遠くない将来、環境が変わるかもしれないということで、先手を打とうかと思いまして。

アラサー夫婦が子どもを持つことに積極的になれない理由私たち夫婦は子どもがどちらかといえば好きだ。 通りすがりの子どもを見ていても、可愛いなぁと思う。 子どもの世話をしてみたり、子ど...

以前こんな記事を書きました。私のブログ記事は9割以上が検索から来て、Twitterでブログ更新投稿はしているものの、ほぼアクセスがないんですね。悲しいことに。一記事あたり一桁、多くて二桁かな。
でも、このときは確か100人以上、フォロー外の方も含めて、多くの方に反響いただきました。

そんな記事ですが、女心は秋の空、とはちょっと違うものの、30が近づくにつれて、子連れの友達と会う機会が増えるにつれて、人生において子どもを持つこともいいかもしれない、と妻が思い始めているようです。
そんなわけなので、DINKSではなくなるかもしれない。とするならば生活防衛資金がDINKSのときのままでいいはずはないので、手始めに+3ヶ月分は積み増そうかと。

まとめ

(つみたてNISA)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)・・・40万円
(つみたてNISA)楽天・全米株式インデックス・ファンド・・・40万円
(iDeCo)eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)・・・28万円
(iDeCo)eMAXIS Slim 新興国株式インデックス・・・14万円
(特定口座)eMAXIS Slim 新興国株式インデックス・・・40万円
(特定口座)持株会・・・??万円〜120万円
(現金)生活防衛資金・・・90万円

それ以外は基本キャッシュ。下落相場があれば出動。そんな感じで進めていきます。

ABOUT ME
おとうふ
投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください