共働き夫婦の家計簿

2018年家計簿まとめ。貯蓄率は49.9%、貯蓄額は558万円でした!

早いもので、2019年も20日たってしまいましたが、2018年の家計簿を振り返ります。

わが家の状況

まずは、わが家の状況を簡単に説明します。

・アラサー共働き子なし夫婦(DINKS)(+犬1匹)
・税込世帯年収が約1,100万円
・収入源は毎月の給料+夏冬賞与のみ。時々メルカリとCBキャンペーン収入。配当金収入は再投資(計算外)。
・中古マンション住まい(元金均等返済・30年固定金利)
・首都圏在住
・車なし
・お小遣い制
・収入、支出ともお小遣いの細かな実支出を除いて、世帯全体のデータです。

貯蓄率は49.9%!貯蓄額は558万円でした!

ほぼ収入の半分を貯蓄に回すことができました。
家計管理を全くしていなかった2015年には考えられなかったことです。おそらく、貯蓄率10%もなかったですからね・・・。

ただ、2018年から特別支出の管理方法を見直したことにより、2017年12月の賞与を2018年の家計簿に繰り入れています。このため若干収入や貯蓄額が多めになっています。

2018年の収支まとめ

まずは1年間のまとめから。

パッと見てわかりにくいので、ひと月当たりにしてみます。

収入

2018年から夫である私が昇進したこともあり、かなりの増額となりました。
また、メルカリによる不用品売却などにより、その他の収入もそれなりにありました。が、ほぼ売り切ってしまったので、あくまで一時的な収入ですね。

住居費

中古マンションを全額ローンで2016年に購入しました。

手取りに対して、固定資産税を含めても20%以内に収まっているものの、この出費は大きいです。
しかしながら、首都圏で暮らしていると、どうしても住居費は割高になりがち。また、夫婦ともに家にいることが大好きなので、住環境を良くしたいという意味でも、必要経費と考えていますし、費用対効果を考えると大満足です。

水道光熱費

ひと月当たりの内訳を見てみますと、

電気代:6,500円
ガス代:4,000円
水道代:2,000円

くらいでした。

お風呂はほぼ毎日お湯をためて、冬場は暖房器具はほぼつけず、夏場はクーラーをほぼ稼働しているような生活です。

その割に電気代が高い気もするのですよね。冷蔵庫(2012年製)が電気代を食っているのかしら・・・。

携帯電話代

夫:LINEモバイル
妻:mineo

格安SIMを使っています。
LINEモバイルは昼休みや帰宅時間帯でもギガ以上の速度が出ていて、ノーストレスな上、SNSはカウントフリーなのでおすすめです。
mineoは速度は残念な感じですが、毎月1GBを他のユーザーからシェアしてもらえることができるので、そこはいい点ですね。

新聞代

日経電子版を購読していましたが、やめました。
楽天証券に加入していれば、無料で日経テレコンが使え、日経テレコン経由で日経新聞が読めるのでオススメです。

奨学金返済

夫婦共に、無利子で奨学金を借りていたため、その返済があと6年ほど残っています。

無利子の借金なので、敢えて繰上げ返済はしません。

奨学金の繰上返済メリット・デメリット我が家は夫婦共に日本学生支援機構の奨学金を借りて学生生活を送っていたため、絶賛返済中です。 今や大学生の半数以上がなんらかの奨学金...

定期代積立、バス代

割安であることから半年定期を購入していますが、毎月の給料振込時に定期代も支給されるので、その支払いに備えて定期代の積立をしています。

バス代は、通勤時に行きはほぼバス、帰りはその日によってバスor徒歩としているので、その時にかかったバス代です。

お小遣い

一人当たり、ひと月5万円近くと考えると高く感じるかもしれませんが、わが家では服飾費や帰省代などもお小遣いから出すことにしています。

共働き夫婦のお小遣い制ルール共働き夫婦の皆さんは、どうやってお金を管理していますか? お小遣い制? 収入に応じて生活費を分担? お金の管理に関する悩みやトラブル、あ...

食費

外食代は含んでいません。
わが家では外食代は贅沢費として考えているので、食費にはカウントせず、次の項目の外食・レジャー費として管理をしています。

2018年はふるさと納税で
・お米
・豚肉
をほぼ1年間賄うことができたため、節約することができました。

外食・レジャー費

夫婦で外食に行ったり、夫婦で読む漫画を買ったり、ちょっとその辺まで出かけたりした時に使ったお金です。

日用品費

洗剤やシャンプーなどの日用消耗品や、化粧品、ドッグフードなどが含まれます。
7割がAmazon、2割が楽天、1割が店舗という感じで、ネットショッピングを活用しています。

特に、Amazonプライム会員なら、定期おトク便で月1回定期的に送ってもらうことができるため、発注の手間も省けて便利です。

特別支出の内訳

わが家では、毎月は発生しないような費用については特別支出として毎月積み立てて、その財布から支払いをするようにしています。
この内訳がこちら。

年間家計簿の1,315,000円と合わないのは、家具家電買替基金として、家具や家電が壊れたときに備えてお金を用意しているためです。

2018年は
・沖縄
・バンクーバー
・函館
・シドニー
と、だいぶ旅行を満喫した一年となりました。

2019年も
・愛知
・クアラルンプール+シンガポール
・北海道
・バルセロナ+リスボン+ブリュッセル
と、夫婦二人の旅行を楽しむ計画をしています。

子どもがいたらなかなかできないことですし、歳をとったら体力がないかもしれません。
普段は節約生活を心がけていますが、こういったところでメリハリつけて楽しんでいます。

ただ、それもこれも陸マイラー活動のおかげ。
飛行機代やホテル代を節約できるからこそ行くことができています。

2018年の家計改善事項

2018年はこんな家計改善をしました。

新聞購読をやめた

日経電子版を読むために支払っていた4,200円を、楽天証券・日経テレコン経由で日経新聞を読むことにより、月4,200円を節約することができました。

ふるさと納税を家計改善にフル活用

2017年から始めたふるさと納税。
2017年は、贅沢品(うなぎ、いくら、果物・・・)ばかり買っていました。
2018年は、無洗米、豚肉をメインにシフトすることで、2017年比ひと月当たりで2,000円以上の節約をすることができました。

Kyashで約3%ポイント還元

支払いをKyashメインに据えることで、Kyash側のキャッシュバック2%と、クレジットカードからKyashへチャージした際の1%ポイント還元が実現できました。

ただ、Kyashの券面が著しくダサい・・・のと、使えない店もあるため、私はApple WatchのSuicaにチャージして、Suicaが使えるお店でのみ使用しています。

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

たかが20円、されど20円。
ということで、ちょっとした工夫で毎月20円の節約。

【iPhone限定】マネーフォワードの月額利用料を安くする方法たった20円。されど20円。 家計簿アプリ「マネーフォワード」の有料サービス「プレミアムサービス」は、支払方法により月額料金が...

楽天証券で投信を楽天カード決済で積立開始!

楽天証券で、楽天カード決済で投信を買うと、なんとポイント1%還元を受けることができます。
毎月5万円までの制限付きなので、1年間で6,000円分のポイント、夫婦2人で12,000円分のポイントがもらえます。

2019年からは、つみたてNISAをSBI証券から楽天証券に移して、つみたてNISA分+残り合わせて5万円分を毎月楽天カード決済で投信積立をすることにしています。

楽天銀行のハッピープログラムでポイント自動製造機化

楽天銀行のハッピープログラムで、最上位のスーパーVIPになれば、例えば自動引落1回で3ポイントがもらえるようになります。
クレジットカードの自動引落や楽天証券の100円積立投資等、合わせて毎月130円くらいのポイントが入ってきています。
制度の理解や最初の設定の手間はありますが、最初だけ頑張れば、少額でも勝手にポイントが付与されるので、まさにポイント自動製造機になっています。

2019年の目標

2017年からちゃんと家計管理を始めて3年目。
固定費の見直しもだいぶ進んで、手をつけられるところが減ってきました。
2019年も旅行を楽しむ一年にしたいと思っていますので、支出管理という意味では現状維持、収入はボーナス次第ですが、2019年は残業を減らしていく方針のため、貯蓄額もおそらく減るでしょう。

というわけで、2019年は貯蓄率の目標は48%、貯蓄額は490万円と、やや下方修正しました

あとは、本当に、本当に牛歩の如くではありますが、このブログもPVや収益が上がりつつあります。
ブログ開設1年目に掲げた、「ブログ経費を賄えるようになる」にはまだ届いていないものの、現状維持のペースでもこの目標は3年目の今年でようやく届きそうです。

2年近くブログやっていて、今だに赤字で、よくもまぁ諦めずに細々と続けているなと自分でも思いますが、諦めたらそこで試合終了なわけですし、アウトプットすることで自分のためになっている部分も少なからずあるわけです。
やめようと思ったことは何度もあります。他のブログや、Twitterを見て、激しく消耗したり、某所に晒されてHPが瀕死寸前まで削られたりすることもありました。
後者は、またあったら結構しんどいかもですが・・・前者は、最近は他所は他所、うちはうち。2年経って、ようやくあまり気にしないようになった気がします。

なので、あまり高い目標は立てずに、マイペースに育てていこうと思っています。

 

ABOUT ME
おとうふ
投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください