家計簿作りは無駄?家計簿を作る意味を考える

スポンサードリンク

家計簿を作る作業がめんどくさい。
時間がかかる。
続かない。
家計簿作っても全然貯金できない。
そもそも作る意味あるんだっけ?

そんな声が聞こえてきそうな家計簿作り。

確かに、

こんな感じで、頑張ってレシートをノートに転記して、電卓を打って、収入-支出が現金と合っているか確認して、合わなかったら何時間もかけて原因を思い出す・・・でもお金は全然貯まらない。という状態だったら、この作業が好きでもない限りめんどくさいと思うでしょうし、投げ出したくなるでしょう。

お金が大好きで家計簿を作っている私でも、こんな状態だったらやりたくない・・・と思ってしまいます。

では、家計簿作りは無駄な作業なのでしょうか?

家計簿は、家計の財務諸表

家計簿は、会社で言うところの財務諸表(資産がいくらあるとか、利益をいくら稼げたかとか、財政状態や経営成績を表すもの)に似ています。

一般的な会社では、この財務諸表は経理部門で作成されます。
財務諸表作りが経理部門の存在意義かのような、会社にとって重要な書類、それが財務諸表です。
しかし、そんな重要な書類を「作っただけ」では、会社法、金商法などの「法律の要請」は果たせても、「企業経営」には役に立ちません。

なぜなら、財務諸表は過去の記録に過ぎないからです。

前期はこれだけ利益が出たのね、ふーん。

で終わっていたら、利益が出ているから今までどおりやろう!と済ませていたら、よほど強固なビジネスでない限り、未来はないでしょう。

どれだけ製造コストがかかって、そこに無駄はあるのか。
研究開発投資は回収できているのか。
どの分野で儲かっていて、どの分野が儲からなかったのか。そこにどんな問題点があるのか。

挙げたらキリがありませんが、財務諸表は、会計数字を色んな切り口で見て、将来に活かすことができて初めて意味を成します。

家計簿を作る意味

翻って家計簿。

家計簿は、当然ですが法律で作成することを定められているわけではありませんので、別に作らなくたっていいんです。

それに、家計簿は過去の記録に過ぎません。

家計簿を作ったからってお金が節約できるわけでもなく、収入が増えるわけでもありませんし、貯金が増えるわけでもありません。
これは先の会社と財務諸表と同じです。ただ作るだけでは企業経営の役に立たないのと同様、家計の役に立ちません。

それでは、家計簿を作る必要性とはなんでしょうか。

ズバリ、以下の3つです。

振り返りをすることで・・・

「正しいお金の使い方を身につける」
「現状を把握する」
「家計改善する」

逆を言うと、この3つが既にできている人は、わざわざ家計簿をつけなくても良いということになります。

この3つについて、以下でご説明をします。

正しいお金の使い方を身につけるため

気が赴くままにお金を使い続けた結果、貯蓄ができない・・・。
家計簿を作っているのに、貯蓄ができない・・・。

そんな人も多いのではないでしょうか。

正しいお金の使い方とは、使ったお金=必要な支出で、浪費がないお金の使い方のことです。

無駄遣い、お金をドブに捨ててしまったといったような「後悔」する浪費がなかったか、正しいお金の使い方を身につけるために家計簿を作ることは必要です。

先のとおり、家計簿は過去の記録に過ぎません。
記録をする”だけ”では、なんの意味もありません。

あなたが生きる上で必要な、役に立つお金だったのであれば、無理に節約する必要はありませんよね。
例えば、資格の取得費用。将来的に収入アップに繋がる可能性があるなら、それは自己投資費用として役に立つ支出です。一方、生半可な気持ちで勉強に臨み、途中で投げ出してしまえば、無駄な支出だった(浪費)ということになります。
仕事終わりのスイーツ、飲み会も、それ自体がストレス発散、人脈構築など、支出額に対して自分にとって大きなリターンになることだという振り返りができていれば、必要なお金と言えるでしょうね。逆に、嫌嫌、付き合いでの飲み会をあとで振り返ってみて、行ったことを後悔しているなら、時間とお金の無駄なのでやめましょう。

支出の記録をすることで、何が必要で何が無駄だったのかを把握し振り返ることができます。
振り返りをすることで、自分にとって本当に必要なものと、そうでないものが見えてき、”正しいお金の使い方”を身につけることができます。

現状を把握するため

あなたのご家庭では、ひと月当たりの生活費、年間の生活費がどのくらいかすぐにわかりますか?

わかる方は家計簿をつけなくてもいいかもしれません。
わからない人は家計簿をつけたほうがいいでしょう。

「え、家計簿つけなくても貯金できているし、別にいいじゃん?」

と思うかもしれませんが、今の収入の範囲内で生活ができているというだけですよね。

では、もし収入が減っても今の生活水準を維持して貯金ができますか?
急な病気や怪我で働けなくなり、収入が途絶えたらどうしますか?生活費の何ヶ月分の貯金があるかわかっていないと、不安ではありませんか?

もしもの事態が生じても、「住居費」「水道光熱費」「食費」などは、減らすことはできても、生きていく上で必ず生じる費用です。
一方で、必要以上の服飾費、保険、交通至便な場所での車など、いわゆる「贅沢品」は、思い切って削ることもできます。

何が起こっても削ることのできないコスト(消費)がいくらあって、貯蓄に回せるお金(投資)がいくらあって、いざとなれば削ることのできるコスト(浪費)はいくらあるのかを把握することは、”もしも”の事態に備える意味でも、誰しもが必要です。

節約に意識を向けられるため(家計改善)

レコーディングダイエットって言葉を聞いたことがありますか?
食べたものを記録するだけで55kg痩せたダイエット法です。
だけ、は言い過ぎですね。記録するだけで痩せるような超常現象、人間界ではありえません・・・。

要は、食べたものを記録して、食べ過ぎを抑制したり、摂取カロリー計算をして、消費カロリー以下になるようにしたり、とにかく記録することでダイエットに意識を向けるというダイエット法です。

ダイエットってシンプルです。
消費カロリー>摂取カロリーであれば痩せていきますから。

そういう意味で貯蓄もシンプルです。
収入>支出であれば貯蓄は増え続けますからね。

つまり、記録をすることで節約に意識を向けるということです。

今日はカツ丼大盛り食べちゃった!昨日はダブルチーズバーガー2個、一昨日は牛丼特盛、その前はケーキビュッフェ・・・

なんて食生活をし続けて、レコーディングダイエットしていても痩せないのは誰が見ても明らかです(消費カロリーがアスリート並ならともかく)。

同様に、家計簿をつけていても、好き放題浪費していたら節約できず、貯蓄を増やすのが難しくなります。

家計簿をつけることで節約に意識を向けられます。そうすることで、無駄遣いを減らし、固定費を削減し、貯蓄を増やすことができます。
レコーディングダイエットも同じですが、記録をするだけで終わる人は、家計簿をつける意味はありません。

無駄遣いを発見することができるため(家計改善)

わが家では、結婚してもしばらくは夫婦別会計でした。
昨年から一つの家計にして、家計簿をつけ始めてから、妻が意識せずに携帯電話を2回線保有していることに気がつきました。

いつも同じ金額が引き落とされているから気がつかなかったそうです。

行かなくなったスポーツジムや習い事などの月謝が自動引き落としされていたりしませんか?
家計簿を作ることでこのような無駄遣いに気がつくかもしれません。

予算管理をしよう

家計簿作りを始めて、ある程度現状を把握することができたら、予算を作ってみましょう。

家計管理におけるPDCAサイクルとは以下を指します。

  • PLAN・・・予算を立てる
  • DO・・・お金を使う・家計簿を作る
  • CHECK・・・振り返りをする
  • ACTION・・・家計改善をする

PDCAサイクルをうまく回せるようになったら、家計管理の質が簡単に向上できます。

そして、

「正しいお金の使い方を身につける」

これができていれば、家計簿作りから卒業しても、自然と貯蓄ができる貯蓄体質になっているでしょう。

家計簿作りからの解放・・・家計簿アプリを使おう

めんどくさい。続かない。そんな家計簿も、家計簿アプリを使えば簡単に”作ってもらう”ことができます。

”作ってもらう”コツは、キャッシュレス。
クレジットカードやデビットカード、電子マネーなどを駆使すれば、ほぼ自動で家計簿が作られます。

家計簿だけでなく、銀行や証券会社とも連携することで、家計の資産の見える化がほぼリアルタイムでできます。

マネーフォワードは家計管理にも資産管理にもオススメ!

2017.05.03

 

スポンサードリンク

ABOUTこのブログを書いている人

投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。