公務員から民間企業への転職は難しい?

スポンサードリンク

前回記事が思いの外好評だったため、公務員シリーズ第2弾。
公務員から民間企業への転職についてです。

まず、転職活動当時の私のスペック

・26歳 入庁4年目
・TOEIC  履歴書に書けないレベル
・資格等 日商簿記検定2級
・就活経験 なし(多くの公務員と同じく公務員一本で活動していました)
・コミュ障

と、特筆すべきことが何もなく、若さだけが取り柄と言ったところ。

公務員から民間企業への転職は、難しいようで簡単だった、というのが偽らざる本音です。

ただ、「いい会社を選んで転職する」という意味ではかなり難しいと思います。

第2新卒とも言えなくはない若さだったことが”簡単”と思えた最大の理由です。

ですので、それなりの年齢の方はそれなりのスキルや経験が求められるため、より厳しいであろうということは忘れてはならないです。

公務員の転職活動

以下では、私自身の公務員時代の転職活動を様子をご紹介します。

転職サイト、エージェントへの登録

まずは最大手リクルートエージェントから登録しました。
が、こんなスペックでは相手にもされませんでした。
要は、あなたに紹介できるような求人はありませんということです。

いきなり出鼻を挫かれましたが、めげずにリクナビNEXTやマイナビエージェント等の大手の転職サイトやエージェントに登録していきます。

並行して、未経験可の求人を転職サイトで探していきます。
前回記事にてご紹介したように、自分の強みを生かした分野で活躍したいという思いもあり、数字関係の仕事ということで経理職に絞って転職活動をしました。
簿記2級もこの転職活動のために取ったことになります。

面接、そして採用

経理職は特に経験者を優遇する傾向にあるため、公開求人の数も限られ、非公開求人も同様と言ったところ。
当時はアベノミクス初期で転職市場も2018年の今ほど活発ではなく、若いからといっても未経験での経理採用という案件は少なかったです。

そんな中でも、リクナビNEXT経由で中小エージェントからお声がかかり、某企業の面接に行くことに。
初の面接まで、転職活動を始めて約1ヶ月でした。

業種からして入社意思は全くなく、「練習台」としてみっちり2時間面接に臨みました。
なぜ公務員でも面接まで行けたかというと、見事なブラック企業でして、それなりの人材は入社どころか面接も避けるし、とは言え採用側はそれなりの人材を探して数ヶ月・・・と言った状況で若手採用候補者人材の弾切れから声をかけたと言ったところでしょうか(推測です)。
面接終了後すぐに、エージェントを通して丁重にお断りを入れました。

次はエージェント経由ではなくリクナビNEXTの書類通過を経て面接。
想定年収280万円というところにブラック臭がプンプンします。
あまり記憶にないですが、確か断った気がします。

3度目もリクナビNEXTから書類通過を経て面接。
いかにも本社から出向できました的な厳かな雰囲気の面接官3人と、やたら距離を置いた椅子に座らされて緊張してあうあうした嫌な記憶しかない。
もちろんお祈りされました。

そして間も無くマイナビエージェント経由で中小エージェントからお声がかかります。
この後入社することになる会社ですが、当初1年は契約社員ではあるものの、大手のグループ会社なのでちゃんとした会社だろうと世間知らずの公務員は思ったのでした。
エージェントの人が、人生再スタートを目指す私に対して好意的になって、猛プッシュしてくれたことで面接が実現したようです(推測)。

やはりというべきか、公務員に対する眼は非常に厳しく、なぜ辞めるのか攻撃が面接では多いです。

強い意志を持ち、いかに説得力を持たせて説明するかにかかっています。
これは何も公務員からの転職に限ったことではありませんが、公務員なら尚更ですね。
説得できれば、面接官からもホネのあるやつだと好意的に見られるかもしれません。
私の場合、事業部長に気に入られて、上に引っ張ってもらえたと後から聞きましたし、「使えるやつだ」と思わせられれば公務員だろうと関係ないのかなと思います。

と、転職活動を始めて2ヶ月足らずで初めての内定。
世間知らずでしたので、大手グループで給料が高いという理由で契約社員了承。

公務員からの転職活動を振り返ってみて、思っていた以上に書類選考は通過できますし、面接での公務員に対する目は厳しいものの、ノーチャンスではないなと思いました。

ただ、総じて言えるのは、公務員(未経験職)でも許されるのはいわゆる中小企業だけかと思いました。それだけ、中小企業は若手社員の人手が足りていないということです。

一方、大手ホワイト企業に公務員(未経験職)が潜り込むのは至難の業かと思います。
もちろんそういったケースはネット上の体験談にもあるようですが、相応のキャリアを積んだ人や、ハイスペックな方でしょうか。
そもそも大手ホワイト企業はエージェント経由での採用がほとんどですし、通常は目も向けられないと思います。

また、26歳と言えども、年齢で弾かれることはありました。
25歳までなら未経験でもいいんだけどね・・・とエージェントから言われましたから、わざわざ3年待つより、決意が固まったら早く活動することが大事かと思います。

退職

採用決定後1、2週間出社して、3週間有給休暇を取り退職しました。
基本的に同じ部署の人は同じ仕事をしていたことと、人手が余っていたことから、引き継ぎ業務はほとんどありませんでした。
通常はこうもいかないでしょうから、円満退職のためにも引き継ぎ期間と有休消化のスケジュール、相手先のスケジュールを考慮した上で退職日を決定する必要があります。

入社、そして正社員登用拒否

一言で言うならばブラック企業でした。
世間知らずの元公務員は、「うーん、これはおかしいんじゃないか」と思いつつも、「これが民間企業の洗礼・・・!」と自分に言い聞かせながら働く日々。
入社3ヶ月くらいであった、グループ会社の新入社員研修で、他のグループ会社の経理の働き方を聞き、自分の会社の働き方を聞いてもらい、勤務先が異常だということが判明。
あちゃー。と思っている矢先、早くも来年度からの正社員登用打診。
これを拒否して契約期間満了後に退職することに。入社からわずか3ヶ月半。

ちょっと脇道逸れましたが、次回、公務員の転職活動改め、元公務員の転職活動の体験談としてまとめます。

公務員の転職活動で大切なこと

公務員の転職活動を経験した私が感じた大切なことです。

・なぜあなたは公務員をやめようと思うのですか?
・そもそもなぜあなたは公務員になったのですか?
・その転職理由を聞いて、面接官はあなたと一緒に働きたいと思いますか?
・やめて何がしたいのですか?
・収入が下がることの方が多いですが、ライフプラン上問題ありませんか?
・人間関係が良くなる保証はありません。
・労働条件だって悪くなる可能性高いです。なんだかんだ役所は恵まれています。
・若さは大事
・先の転職理由含めて、自己分析の深掘りが大事
・入社してからがスタートライン

なお、私自身は辞めて何かがしたいという強い意志があった訳ではなく、強みを生かせる仕事で考えていて、思いついたのが今の職種だっただけです。

しかし、できることならやりたいことがあってどうしても公務員を辞める必要があったというストーリーを描いたほうが、面接官を説得しやすいです。
そして、それを最もらしいように聞こえるよう説明するにはどうしたらいいか考えることが大切です。

スポンサードリンク

ABOUTこのブログを書いている人

投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。 詳しいプロフィールへ