2月度の家計簿公開【世帯年収1,000万円・アラサー世代DINKS】

スポンサードリンク

ちゃんと家計管理を始めてからもう1年。徐々に支出状況がつかめてきました。
これもマネーフォワードと家計管理の賜物です。

我が家の状況

・アラサーDINKS(+犬1匹)
・税込みの世帯年収が約1,000万円
・収入源は毎月の給料+夏冬賞与のみ。配当金収入は再投資。
・中古マンション住まい(元金均等返済・30年固定金利で絶賛返済中)
・車なし
・お小遣い制。家計管理は夫。
・収入、支出ともお小遣いの細かな実支出を除いて、世帯全体のデータです。

2月度家計簿を公表

収入・・・¥480,822

確定申告による還付金が僅かながら入金されました。
私の所得税は、住宅ローン控除後に少し残ってしまいましたが、ふるさと納税を確定申告することによって還付を受け、ゼロとなっています。

貯蓄・投資・・・¥128,672

投資には持株会への拠出を含みます。
投資待機資金をドル転しています。

住居費・・・¥160,708

住居費は住宅ローン+管理費修繕積立金ですが、元金均等返済なので、毎月少しずつ減っています。
ようやく16万円を切る水準まできましたが、4年後に修繕積立金が増額される見込みですので、負担は軽くならない見込み。
修繕積立金は一般的に最初は低く抑えられていて、徐々に増額されるかと思います。
我が家では、それを見越して返済方法を元金均等返済とし、住居費負担増の影響を極力抑えることにしています。

水道光熱費・・・¥10,614

電気代・・・¥5,762
ガス代・・・¥4,852

ガス代は前月比▲1,000円ほど。原因はよくわかりません。

通信費・・・¥4,267

固定回線を解約し、マンションで加入しているネット回線に切り替えたため、携帯電話代のみです。
夫婦ともmineoを使っています。
機種代金は全て支払済です。

新聞代・・・¥4,200

日経電子版。

奨学金・・・¥22,087

2人分。
無利子の奨学金で繰り上げ返済するメリットがないため、期日どおりの返済を実施しています。
ようやく返済期間が折り返したところ。本音は早くなくなって欲しいのですが、ここは企業活動と同様、破綻しないよう安全にも配慮しつつ、リスクをとって投資をすることも資産形成には必要なことです。

奨学金の繰上返済メリット・デメリット

2017.05.04

マネーフォワード・・・¥500

我が家の家計簿はマネーフォワードで管理しています。
カード、銀行、証券、amazon等、無料の範囲では登録しきれないため、課金しています。

定期代積立・・・¥13,855

毎月定額を積立用口座に移して、半年定期の購入にかかる支払いに備えています。

バス代・・・¥2,056

行きは最寄り駅までバスで通うことが多いです。
帰りはその時々で。
今月は歩くことが多かったため少なめ。

お小遣い・・・¥54,000

夫婦渡し切りです。
仕事に対するモチベーションと家事に対するモチベーションを考慮して、基本給の手取りの◯×%をお小遣いとしています。

食費・・・¥25,000

妻に渡し切り。
余った分は旅行の際の食費の足しにしています。

外食・レジャー費・・・¥15,601

映画や外食。少しオーバーしてしまいました。

日用品費・・・¥8,732

日用消耗品・・・¥6,071
ペット用品・・・¥2,661

ポイントサイトの100%超還元案件でドッグフードを予定外に購入したことと、締日間際に妻が100均で大量買いをしたため、少しオーバーしてしまいました。
その反動で3月は大幅黒字が見込めそうです。

特別支出積立・・・¥30,000

2月は沖縄旅行に行きましたので、積立金を使用しています。

2月度の総括

収入に対する貯蓄率は約27%でした。
項目別にみると、予定以上の出費があるものの、全体では予定内でやりくりできています。

一方で特別支出については、ここでは開示していませんが、毎月の積立+ボーナスでの積立としているものの、夏の旅行の航空券代を前払いしている関係で、実は赤字となっています。
いくら夏のボーナスで赤字が解消されるとはいえ、貯金を食い潰すのは、うーん。といった感じです。
ただ、陸マイラー活動のおかげで、来年以降の旅費は低く抑えられそう。ソラチカルート改悪と、案件が限られてきたことと、JALカード審査落ちによりペースダウンはするものの、既に20万マイル近くありますので、フライト代はタダにできます。

という明るい話題のある一方で、クソダサい投資家のワタクシ、同じアホなら踊らにゃソンソンなノリで仮想通貨に手を出し、見事な天井ジャンピングキャッチにより数十万円が3分の1になりまして。
おまけに今話題のC社に預けておりますので絶賛凍結中。
ハッキリ申しまして、仮想通貨に価値があるとは到底思えないんですよね。ブロックチェーン技術は有望だとしても、こんなに値動きが激しいものを通貨と呼べるのか。決済手段としては到底使えないんじゃないか。
バフェットの言葉を借りると、自分の理解できないものに投資するな、なんですが、それを承知の上でノッてみた感じですが、いや〜自分でもびっくりするくらい天井でした。ナンピン買いは損失を拡大させるだけでしたね。
別に仮想通貨で億るなんて幻想を抱いていたわけではなく、20万円くらい利益が出たら、元手は株式投資にあてて、利益分を仮想通貨で遊ぶくらいに考えていたんですけどね。高すぎる授業料ではありましたが、いい勉強になりました。
C社が立ち直って、仮想通貨バブルが再び起きて、投じたお金が損なく戻ってくれば嬉しいですが、まぁないかな。

ということで、もうこのお金は無くなったものとして考え、3月からお小遣い減額を敢行しています。ボーナスのお小遣いと合わせて4年くらいは続ける予定です。

スポンサードリンク

ABOUTこのブログを書いている人

投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。