SFC

2018年SFC修行計画

さて、先日SFC修行をする理由を以下の記事にてご紹介しました。

出張案件を除き、全行程発券済みですので、計画といってもほぼ確定のSFC修行行程のご紹介です。

※バンクーバーは旅作のため、ホテル宿泊を1泊1万の計算で航空券代を算出しました

計画のポイント

効率の良い羽田ー那覇の単純往復をするのは本当に苦行だと思います。
とはいっても、かける費用は抑えたい。

ということで、私が重視したのは以下のポイント。

・夫婦の旅行でPPを稼ぐ
・観光を兼ねたフライトを織り交ぜる
・費用を抑える(目安はPP単価8円以下)
・費用を抑えるために、チケットの安い1、2月に集中
・時間効率より費用効率重視
・成田は行くのに費用がかさみ、時間もかかるので羽田発着のみ
・楽しむ

1.元日に石垣

妻が田舎に帰省していることをいいことに、いきなり石垣に飛びます。
往復約6時間、滞在時間約3時間。まさに修行。
フライト中は読書や映画鑑賞でもして有意義な時間を過ごそうと思っています。

ただ、心配なのは現地でどう過ごすか。
ペーパードライバーなのでレンタカーの利用は選択肢から外すと、空港で3時間潰す可能性もあります。
元日なので、バスの本数も少なそうですし、東京の感覚でバスがちゃんと運行されているかも心配・・・

2.SFC修行鉄板の羽田ー那覇ルート

効率よく稼げることでSFC修行の鉄板と言われているこのルートも組み込んでいます。
こちらも滞在時間3時間弱。観光なんてほぼできないですね。

3.夫婦旅行で沖縄でのんびり

夏の沖縄は以前夫婦で行ったことがありますが、冬の沖縄は今回が初めてです。
ヒルトンのセールで格安でホテルのエグゼクティブルームが予約できたこともあり、冬の沖縄をのんびり過ごすことにしました。

4.SFC修行国際線の鉄板の羽田ー那覇ーシンガポールルート

これも効率よく稼げることで有名なルート。
国際線乗換区間は一律5,000円かつ、プレミアムポイントが旅割を使う時より多く貯まるためです。
1行程で2度も那覇に飛ぶとはまさに過酷な修行そのもの。

今年夫婦でシンガポールに行ったばかりですが、1泊して観光を兼ねてきます。
滅多に有給を取らない私ですが、この行程で1日半の有給取得。

5.急遽決まった夫婦バンクーバー旅行

ANA旅作という航空券+ホテルがセットになった商品のセールで目を引いたのが

バンクーバー2泊6万円/1人

いやいや6万て今度の那覇だって航空券とホテルで一人2泊4万円掛かりますよ。
それが北米カナダバンクーバー6万てやばすぎ!
しかもホテルはシェラトンホテルですよ。そんなお安くていいんですか!?

ってことで妻に言ったらノッテきました。

本当は2泊と言わず1週間くらい滞在したかったのですが、妻は休みが取りづらいため2泊4日で我慢。

ポイントサイトで貯めたマイルをANA SKYコインに替えて払ったため、持ち出しは4万円で済みました。

初の北米大陸上陸。わくわく。

6.またしても那覇。スタバタンブラー狙い

3月にANA国内線機内販売限定タンブラーが毎年販売しているんですよ。
それを妻にプレゼントしたい。ただそれだけが理由で3月の那覇。

7.予定は未定。上海出張

一応上司からの命令は出ているのだけれど、気まぐれなのでなくなる可能性も。
今年も何件か海外出張行くぞー!って言われてたのに、結局なかったしね。

8.解脱フライトはシドニーへ夏休み+結婚記念日旅行

晴れて50,000プレミアムポイントが貯まり、SFC会員の資格が得られるプラチナメンバーになるフライトを解脱フライトと呼んでいます。

解脱フライトに選んだ先はシドニー。夫婦旅行と結婚記念日旅行を兼ねて、夏休みを利用して飛びます。
おまけにエコノミーではなくプレミアムエコノミー。こちらの方がPP単価が良いというのもありますが、ちょうど観光シーズン+シルバーウィークにかかっているため、エコノミーとの金額差がさほどなくて、その点でもややお得感がありました。

気になる費用は?

航空券だけで約40万円。
ただ、ポイントサイトで得たポイントをマイルに交換してANA SKYコインに交換して購入したものが多いことと、夫婦旅行を兼ねて計画したため、純粋な修行費用は、現地滞在費合わせて約5万円を想定しています。

出張族でない私からすると、飛行機って乗るだけでワクワクするんです。
新幹線も同じ。
ですので、今から楽しみで仕方がありません。

ABOUT ME
おとうふ
投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください