SFC修行をはじめる理由

スポンサードリンク

SFC修行って知っていますか?
スーパーファミコンで神業を編み出しYoutuberとして生きていくための修行でもなく、湘南藤沢キャンパスにいい歳したオジサンがJDを拝むために足しげく通う修行でもなく、、、

ANAのSuper Flyers Card会員(ANA上級会員)になるべくアホみたいに飛行機に乗ることを言います。

アホみたいにというのがポイントで、目的地に向かうために飛行機に乗るのではなく、プレミアムポイントというANA上級会員になるために必要なポイントを稼ぐために飛行機に乗って、到着して、またすぐ乗るを繰り返すという、時間と肉体を酷使する過酷さが「修行」と呼ばれている理由です。

修行をする理由

そこに飛行機があるから・・・
ではもちろんなくて、上級会員になると数多くのベネフィットが得られるからです。

実を言うと、半年くらい前まで上級会員の存在すら知りませんでした。
上司に同行して出張した際に、上司がSFC会員で、ラウンジに連れていってもらって、これは、と思ったのがきっかけ。

SFC会員になれば、制度の改悪がない限り、ずっと恩恵を受けられます。

上級会員のメリット

上級会員と一口に言っても、複数ランクに分かれていて、上から「ダイヤ」「プラチナ」「ブロンズ」となっています。
この中で、SFC会員は「プラチナ」に該当しますので、「プラチナ」に焦点を当てていきます。

・ANA LOUNGEがエコノミークラスでも無料で利用できる
・同行者1名までANA LOUNGEが利用できる
・夫婦で家族カードを発行すれば、4人家族でもANA LOUNGEが利用できる
・特典航空券の優先予約ができる(国際線のみ)
・国内線予約の先行受付ができる
・空席待ちで優先してもらえる
・プレミアムエコノミーへの無料アップグレードができることがある
・優先チェックインカウンターが使える
・専用保安検査場が使える
・優先搭乗できる
・預け手荷物受け取りの優先サービス
・マイルが少したまりやすい
・マイル→ANAコインの倍率が高い(最大1.7倍)

ANA LOUNGEの魅力

国内線ですと、ソフトドリンク・お酒、おつまみ、新聞・雑誌などが無料で提供されます。
国際線ですと、ソフトドリンク・お酒の種類が増え、軽食というレベルを超える軽食が無料で出てきます。

ANA公式サイトによると、
・カレー(カレー好きでもおいしい)
・焼きそば
・サラダ
・サンドイッチ
・おにぎり
・スープ類
・デザート
・パン
・うどん、そば、ラーメン
・温かいお料理(治部煮とか、チキンのトマトクリーム煮とか)
等が出てきます。
お酒は飲まないのであまり覚えていませんが、日本酒、ワインなど、無料でこれはすごいなーと思った記憶があります。

こんな感じの食事が出てきて

こんな感じの場所でくつろげるわけです。

使い倒す前提なら、1日2食をラウンジで採ってしまうことも可能です。
行きに羽田で2食、帰りに現地で1食、計3食×人数分の食費が節約できることを考えると、飛行機に乗る機会が多い人だと、それだけで元が取れてしまいますね。

また、シャワーもありますので、深夜フライトの前にさっぱりすることができるのも魅力ですね。

特典航空券の優先予約ができる

これはまだ利用したことはないのですが、マイルを使って特典航空券に交換することができます。
人気路線かつ繁忙期ですと、すぐに予約が埋まってしまうそうですが、SFC会員なら一般会員に先立って予約ができます。

お子さんのいるご家庭で、夏休みに家族でハワイといったケースだと活躍できそうです。
というわけで、ここは我が家にとって今はさほど大きなメリットではないものの、将来的には使えそうなポイントです。

預け手荷物受け取りの優先サービス

海外旅行で預け手荷物がぐるぐるぐるぐる回っているのをひたすら待つ・・・
なかなかの苦行ですよね・・・。
SFC会員なら優先的に受け取ることができます。
すなわち、早めに受け取って早く行ける・帰れるということです。
これは嬉しい。

上級会員(SFC会員)になるには

年間(1月〜12月)50,000プレミアムポイントを貯めると、ANAのプラチナメンバーとなります。
プラチナメンバー期間中に、SFC会員への申し込み手続きをすると、SFC会員となれます。
ただし、SFC会員になるには、ANAカード(クレジットカード)が必要です。

プレミアムポイントとは、普段聞き慣れない言葉ですが、飛行機に乗った際にマイルとは別に貰えるポイントのことです。
ここから計算ができます。
例えば、新千歳ー那覇間ですと

片道約2,000PPもらえますので、往復13回で50,000PPが貯まる計算です。
さらっと言いましたけど、新千歳ー那覇間往復13回って、出張族でもない限り、そんなに飛行機乗りませんよね。
私自身、2017年にたまったプレミアムポイントは約7,000PPです。
夫婦でシンガポール旅行に行ったのと、仕事で上海出張に行ったときだけ。
普通に過ごしていたら、50,000PPなんてたまりません。

そこで、SFC修行というわけです。

うーん、でも、新千歳ー那覇間を13回も往復していたらコストが掛かって仕方がないですよね。
例えば、3月の最安値の運賃を見てみると

37,400円×13回=486,200円

ここに住まいからの交通費、さらにこの区間ですと、ホテル代も掛かってきますから、相当な負担です。

・・・50万というのはちょっと盛りすぎました。
SFC修行僧御用達の路線、羽田ー那覇間で見てみましょう。

片道1,476PPです。
往復17回で50,000PP貯まる計算ですね。

では、運賃はというと

17,980円×17回=305,660円

先ほどよりだいぶ下がりました。
その上、宿泊せずに日帰りでも可能ですね。

費用の節約方法

とはいえ、SFC会員になるために30万円もかけられますか?
維持費(ANAカード最安で年2,000円)をずっと払いますか?
それだけの効果が得られますか?というのは個人の行動や感覚にもよるかと思います。
そもそも飛行機に乗らない人には猫に小判なわけです。
一方、年に1、2回くらいは飛行機に乗る予定のある人でしたらどうでしょう。

私が飛行機に乗るのは、恐らく年に1〜多くても5回くらいでしょう。
修行のための持ち出しが30万円となると、なかなか手を出しにくい金額・・・というのが偽らざる本音でしょうか。

でもでも、持ち出しを抑える方法があるんです!

1.ANAマイルを貯める
2.ANAマイルをANA SKYコインに交換する
3.ANA SKYコインで航空券を買う

いやいや、ANAマイルなんて持っていないよ。
って私もそうでした。

ポイントサイトでポイントを稼いだ後、ソラチカルートでANAマイルに交換すれば、持ち出しほぼゼロも可能になるんです。

例えば、ポイントサイトで1万円分のポイントがあるとします。

1万円(ポイントサイト)→1万円(中継サイト)→1万円(メトロポイント)→9,000マイル(ANA)

という感じで、中継サイトを経由してメトロポイントに交換してからANAマイルに交換すると、0.9倍でマイルに交換ができます。
最安値のANAカードでも、ANAマイル→ANA SKYコインへの交換は最大1.5倍ですので、

1万円×0.9×1.5=13,500ANA SKYコイン

となります。

なお、ANA SKYコインは1コイン=1円の価値がありますので、ポイントサイトで稼いだポイントを1.35倍に昇華できるということです。

先の羽田ー那覇の単純往復で50,000PPを貯めるのに必要な30万円をポイントサイトで約22万円分稼ぐことができれば、航空券の持ち出しはゼロとすることができるわけですね。

ソラチカルートやポイントサイトでの稼ぎ方は、是非グーグル先生に聞いてみましょう。
これはSFC修行をしなくても簡単にお小遣い稼ぎができますし、旅行費用の節約につなげることもできます。

我が家も夫婦でポイントサイトを活用し始めて、半年で25万円分のポイントを貯めることができました。
マイル換算すると225,000マイルです。
特典航空券でパリに2人で2往復できるくらいですね。

早速1月1日から飛んできます

50,000PPへの行程はまた次回としますが、新年早々SFC修行スタートします!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこのブログを書いている人

投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。 詳しいプロフィールへ