持株会より個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用した方がいい理由

スポンサードリンク

最近、職場の飲み会で「奨励金がたくさん付くからお得!持株会は絶対はじめた方がいいよ!」という意見が多く出ていました。

確かに、会社から数%奨励金を出してもらえるのは魅力的です。
株価が横ばいでも、必ず奨励金+配当金分トクするわけですからね。
 
しかし、奨励金に釣られて持株会に簡単に入会してしまって良いものなのでしょうか?

持株会とは

持株会とは、企業が従業員に対して自社株を保有させる制度です。
持株会に入会した従業員は毎月一定額(賞与支給月は数ヶ月分上乗せ)を支払って株式を共同購入するものです。
会社から数%奨励金が拠出することで従業員側にメリットができ、また会社側も安定株主獲得というメリットがあります。

持株会といえど株式投資

この視点、意外と抜け落ちていると思います。
 
株式投資となんら変わりありませんから、当然値下がりリスクはあります。
また、普通の株式と違い売買に制約がある上、売却するにしても会社を通して行うため、売却をためらってしまうこともあるかもしれません。

持株会の入会が会社に対する忠誠心を表すという会社もあるくらいです。自社株を売却すると出世に響くという会社もあるとかないとかで、 退職するまで塩漬けとなりかねないリスクがあります。

持株会のリスク

持株会の決定的な短所が、フロー(給料)とストック(資産)の両方を勤務先に依存してしまうことです。

例えば倒産をした場合、ストックは紙切れになり、フローも勤務先がなくなるため途絶えてしまいます。
また、倒産までいかなくとも、業績低迷となった場合、給料が削減されるだけでなく、株価下落により資産も目減りと、ダブルパンチを食らってしまいます。
 
実際、古くは山一証券(私は当時を知らないのですが、年配の方から聞きました)、最近なら東芝の持株会に入っていた人が大変な目に遭っているようです。

持株会奨励金よりも、iDeCoによる節税効果の方が大きい!

会社から勧められるがままに持株会には加入するものの、iDeCoはやらない(というより知らない)なんていう残念な人も多いのが現状ではないでしょうか。
実際に制度を比較してみると、それはもったいないことがわかります。

もし、自社株の売却が会社を退職するまでにできない、しづらい環境であれば、断然iDeCoをお勧めします。

iDeCoとは 

私たち国民が加入している国民年金や厚生年金とは別に設けられた制度で、個人型確定拠出年金というものです。
国民年金や厚生年金は、賦課方式と言って、私たちが納めた年金を私たちが将来受け取るのではなく、年金受給世代へ仕送りしているようなイメージのものです。
一方、iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、自分で納めた年金を自分で運用する商品(預金や投資信託)を選び、将来自分が受け取るものです。
 
掛け金全額が所得税・住民税の税額控除の対象となるため、節税になるほか、運用益が非課税、年金受け取りの際も税金が優遇されるなどのメリットがあります。

どのくらい節税になるの?

掛け金×(所得税率?%+住民税率10%)が節税できます。
所得税率は課税所得にもよりますので一概に言えませんが、最低でも掛け金の15%は節税になるわけです。
また、投資信託などのリスク資産に預けるのに抵抗があれば、元本保証の商品で運用することもできます。
 
課税される所得金額
税率
控除額
195万円以下
5%
0円
195万円を超え 330万円以下
10%
97,500円
330万円を超え 695万円以下
20%
427,500円
695万円を超え 900万円以下
23%
636,000円
900万円を超え 1,800万円以下
33%
1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下
40%
2,796,000円
4,000万円超
45%
4,796,000円
 

節税にならないこともある

もちろん、住宅ローン控除やその他の所得控除、税額控除を駆使していれば、場合によっては節税にならないこともあり得ます。
例えば、iDeCoで所得控除したせいで所得税、住民税が小さくなり、住宅ローン控除(税額控除)分を引ききれなくなるケースもごく稀に発生します。
事前にシミュレーションが必要ですね。

60歳まで引き出せない

iDeCoは60歳まで引き出すことができません。
メリットでもありデメリットでもあります。

60歳まで引き出せないのであれば、強制的に貯蓄するという意味で効果的です。毎月天引きされているお金は最初からなかったものとして生活をして、60歳になって気がつけば大きな資産となっているかもしれないのですから。
途中引き出し可能であれば、つい使ってしまう人もいるかもしれませんしね。

逆に、引き出しができない以上、何かあったときにお金に困る事態も想定されます。
そうならないよう、”もしも”のときの生活防衛資金として、生活費の数ヶ月分のお金を貯めておきましょう。

もしもの備えの生活防衛資金。DINKSは生活費の何ヶ月分の貯金をするべきか

2018.05.12

まとめ

持株会をやるよりまずiDeCoで上限まで掛金拠出をし、持株会への加入は資産運用ポートフォリオと相談してからではないでしょうか。

リスクが高いことを認識の上で、ポートフォリオの一部を構成するなら持株会もありだと思います。
 
私自身も持株会に入りました。
スポンサードリンク

ABOUTこのブログを書いている人

投資歴2年目のひよっこ投資家。米国株を中心に、長期投資で経済的自由を目指しています。 徹底した家計管理も実践中。リアルな家計簿を公開しています。