11月度の家計簿公開【世帯年収1,000万円・アラサー世代DINKS】

スポンサードリンク

もう2017年も師走になってしまいましたね。
最近は、新年を迎える前に、来年の家計管理、投資戦略を考えることが多くなり、頭を抱えています。
そのうち、本ブログでもご紹介する予定です。

さて、11月度の家計簿の振り返りです。
今回はイマイチ冴えない家計簿、管理方法の見直しを考えるきっかけを与えてくれたものとなりました。

我が家の状況

・アラサーDINKS(+犬1匹)
・税込みの世帯年収が約1,000万円
・収入源は毎月の給料+夏冬賞与のみ。配当金収入は再投資。
・中古マンション住まい(元金均等返済・30年固定金利で絶賛返済中)
・車なし
・お小遣い制。家計管理は夫。
・収入、支出ともお小遣いの細かな実支出を除いて、世帯全体のデータです。

11月度家計簿を公表

※予算とは、3月に1年間の予算計画を立てた時の数字、見通しとは、直近前月に予算計画の見直しを反映させた数字のことです。
年間計画を立てることは重要ですが、状況の変化を逐次織り込まないと、実態と大きく乖離してしまうため、必要に応じて予算計画の見直しを図り、管理することにしています。

収入・・・¥427,816

11月度は社会保険料が月額9,000円もアップしたことと、残業代がここ最近で一番少なかったことから、やや少なめ。
その他収入は、

LINEPAYのキャンペーン・・・350円
Applepayのキャンペーン・・・1,000円

です。

キャンペーンのための無駄な支出は言わずもがな、ですが、こういったキャンペーン情報に敏感になり、収入を増やす」ということも家計管理、資産形成に重要なことです。

貯蓄・投資・・・¥67,000

確定拠出年金は、夫が12,000円、妻が23,000円を毎月拠出しています。
先進国株式インデックスに66%、ダウインデックスに34%振り分けています。
S&P500インデックス又は楽天VTIが採用されれば、そちらに100%振り向けようかなと思っています。

投資待機資金は毎月先取りして住信SBIネット銀行の仮想口座にプールして、何回かに渡ってドル転を実施しています。
まとめてドカンとドル転する方が楽ではありますが、ドル転実施後に円高になると悔しい気持ちになるので、なんちゃってドルコスト平均法でドル転しています。

今月は111円〜112円の時に10万円程度ドル転をしています。

住居費・・・¥160,974

住居費は住宅ローン+管理費修繕積立金ですが、元金均等返済なので、徐々に予算との差が広がっていっています。

今の住まいはとても気に入っていますが、ローン控除が終わる頃に家計や家庭の状況を鑑みて、住み替えも視野に入れています。
3LDKで二人暮らしは、物をあまり持たない夫婦にとっては、結構広いです。
子どもが一人でも、ゼロでも、2LDKでストレスないかな、というのが今の感覚です。

なお、繰上返済は現時点で考えておりません。
詳しい考え方は以下の記事をご覧ください。

住宅ローンの繰上返済と投資による資産運用はどちらがお得か?

2017.04.08

水道光熱費・・・¥14,894

電気代・・・¥5,428
水道代・・・¥4,829
ガス代・・・¥4,637

食洗機を1日1、2回回しているせいか、電気代・水道代は高めです。
また、状況に合わせて洗濯乾燥機、浴室乾燥機を使用しているため、電気代・ガス代に響いています。
共働き三種の神器との呼び声のある、洗濯乾燥機、ルンバ、食洗機は、まさに共働き家庭に必須のアイテムと言えますので、そこに対するイニシャル・ランニングコストは惜しみません。

それと、機密性の高いマンションということと、寒いのは着込めばOKという意識から、暖房はよほどのことがない限り使用しません。

通信費・・・¥4,266

固定回線を解約し、マンションで加入しているネット回線に切り替えたため、携帯電話代のみです。
夫婦ともmineoを使っています。
今月から3GBプラン→6GBプランに変更したため、使用料金は増加しています。
一方、分割支払いをしていたiPhone7Plusを一括返済したため、トータルの通信費は減っています。

一括返済した費用は、通信費のお財布ではなく、特別費のお財布から支払っています。

固定資産税、NHK、生命保険積立・・・¥14,233

我が家では家計管理にも発生主義の原則を用いています。
要は、現金の支払いの際に費用を認識するのではなく、発生時に費用を認識するということです。
固定資産税の支払いは年4回ですが、家賃みたいなものなので毎月費用化しています。
これらの費用は毎月定額を積立用口座に移して、支払いに備えています。

定期代積立、通勤バス代・・・¥17,483

定期代積立の予算差額は、期の途中からバイク通勤→バス通勤となったことによる差です。
ただ、同額程度収入が増えていますので、特に問題はありません。
これも毎月定額を積立用口座に移して、半年定期の購入にかかる支払いに備えています。
バス代は、私が行きはバス、帰りは主に歩きという変則的な通勤をしているため毎月変動しています。

新聞代・・・¥4,200

日経電子版。
なんだかんだお世話になっているので、高いと思いつつもやめられず購読しています。
11月から紙の日経新聞が値上がりしています。
新聞は紙で読んでこそだ!と思う方も、節約のためにも電子版をお勧めします。タブレットやパソコンからなら、紙面ビューアーもありますし。

奨学金・・・¥22,087

2人分。
無利子の奨学金で繰り上げ返済するメリットがないため、期日どおりの返済を実施しています。
ようやく返済期間が折り返したところ。本音は早くなくなって欲しいのですが、ここは企業活動と同様、破綻しないよう安全にも配慮しつつ、リスクをとって投資をすることも資産形成には必要なことです。

奨学金について思うことと繰上返済について

2017.05.04

お小遣い・・・¥51,750

夫婦渡し切りです。
仕事に対するモチベーションと家事に対するモチベーションを考慮して、基本給の手取りの◯×%をお小遣いとしています。

食費・・・¥25,000

妻に渡し切り。
余った分は旅行の際の食費の足しにしています。
旅行ではないですが、先日鎌倉観光した際に、billsへ行ってきました。
なかなかステキな価格でしたが、非日常、たまの贅沢ということで、食費余り分を使用して息抜きをしました。

外食・レジャー費・・・¥19,419

レジャーといってもおとうふ家はアクティブ趣味を持たないため、ちょっとその辺に行ったときの交通費や外食がほとんどです。
鎌倉寺院巡りした費用などがかさみ、赤字になっています。反省。

日用品費・・・¥7,033

日用消耗品・・・¥4,671
ペット用品・・・¥1,822
化粧品・・・¥540

ヤフーカード発行によるポイントで、強烈なニオイを放っていた犬用リードを買い換えました。足りなかったぶんが¥1,822。
ビフォーアフターがないため効果が見えづらいですが、ポイント活動による収入は小手先だけの節約以上に効果絶大です。

医療費・・・¥9,034

歯周病予防治療費。
歯医者は一度かかると終わりがなかなか見えなくてつらい・・・ですが、歯周病になってからでは遅いので、仕方ありません。

今時の歯科は保険診療でもカード払いが可能なところがあることを知りました。
ありがたくカード払いさせていただき、ポイントいただきます。

雑費・ガソリン代・・・¥500

ガソリン代は、以前バイク通勤していたのでその際年間予算を組んだ名残です。
雑費はマネーフォワード課金(500円)。

特別支出

毎月1万円を積み立て、会社強制の飲み会や家電などの支出に備えています。
11月度はクリスマスケーキの予約代、会社交際費、iPhone7Plusの一括返済に充てました。

11月度の総括

収入に対する貯蓄率は約15%でした。

医療費は毎月2,000円として計算していますが、全く読めない費用を管理可能支出とするのはやりづらいと感じました。
よって、来年度からは、医療費など一部を特別支出項目として管理することにします。

いざ真剣に管理をしようとすると、やっていくうちに不具合が見つかりますね。
やってみて、うまくいかなくて、やり直して、それぞれの家庭にあった管理手法を身につけていく。
そうして仕組みさえ作り上げてしまえば、自然とお金が貯まる家計になるのだと思います。

家計簿なんてつけなくてもお金は貯まるという人は、そもそもお金が貯まる仕組みができているからで、それができていない人は家計簿を作ることは、お金を貯める上で必須のことだと思います。

家計簿つけるなんて面倒臭い。なんて人は是非クレジットカードとマネーフォワードを活用しましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

投資歴1年のアラサーリーマンです。 経済的自由を目指して、長期投資と徹底した家計管理を実践していきます。 詳しいプロフィールはこちら