10月末のポートフォリオ&売買記録

スポンサードリンク

こんにちは。おとうふです。

10月は日経平均が16連騰したり、ダウやS&P500なども最高値圏で推移したりするなど、強気相場が継続でした。

私はというと、不人気株ばかり買っているという言い訳もありますが、成績は芳しくありません。
黙ってS&P500インデックスを買っとけ、ということですね。

10月の売買記録

先月のポートフォリオ紹介記事にて書いたとおり、高配当ETFのHDVを17株全て売却しました。

9月末のポートフォリオ&売買記録

2017.10.02

売却は以前のDIS(ウォルトディズニー)に続いて2銘柄目となります。

【DIS】はじめての株式売却。投資待機資金へ。

2017.04.15

税引後のキャピタルゲイン実現利益率は6.4%、配当金を含めた実現利益率は8.4%でした。
このHDVはXOM(エクソンモービル)をはじめとしてエネルギー銘柄が多く、エネルギー銘柄は株価が低調なため、HDVも株高の恩恵はさほど受けていません。
売却理由は、パッとしないパフォーマンスではなく、かの配当王JNJ(ジョンソンエンドジョンソン)がHDVの組み入れ銘柄から外されたことで、保有していくことに違和感を覚えたためです。

売却資金をどこに振り向けるか、明確な方針はありませんが、キャッシュとして持っておくか、KHC(クラフトハインツ)やSBUX(スターバックス)の買い増しを検討しています。

10月末のポートフォリオ

雑感

相変わらずGISは冴えませんね。
また、ここへきて生活必需品セクターのETFであるVDCも含み損状態。
1年以上保有していて、含み損ですからね。いかに生活必需品セクターが低迷しているかがわかります。

また、10月30日に第2四半期決算を迎えたカルビーは、昨年の北海道台風の影響や米国でのスナック菓子の販売が振るわないことなどから、当初の増配予想から一転、前年据え置きとなったことと業績予想も引き下げられたことから1日で-8.4%と暴落しています。

投入額に対する評価損益率はかろうじて前月よりプラスとなっていますが、為替の影響が大きく、AAPL以外は低調で株高の影響はほとんどありません。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

投資歴1年のアラサーリーマンです。 経済的自由を目指して、長期投資と徹底した家計管理を実践していきます。 詳しいプロフィールはこちら