8月度の見通し予算【世帯年収1,000万円・アラサー世代DINKS】

スポンサードリンク

こんにちは。おとうふです。

見通し予算とは全然関係ないですが、最近収入をどうやって増やすかをよく考えています。

株式投資→絶賛進行中(兼勉強中)
不動産投資→怖さがある。少なくとも「今じゃない」(いずれ勉強)
陸マイラー活動→絶賛進行中(兼情報収集中)
ブログ収益化→迷走中
本業→程々にして他の活動の時間を確保するか、残業代稼ぎ+出世を目指すか
その他副業→才がない

ブログなどで情報収集ももちろん勉強になりますが、生の声以上に勉強になるものはないなと思います。
私のTwitter上のTLにも、よくオフ会に関する内容のブログや金融庁での意見交換会のブログをよく見かけますが、コミュ障の投資初心者が行ってもなぁということで、文字情報を頑張って追いかけています。
コミュ障投資家限定のオフ会があれば行ってみようかな・・・まぁコミュ障に自覚がある人がオフ会幹事なんて荷が重すぎて難しいか。苦笑

閑話休題。

我が家では、年に1回予算を立てるだけでなく、毎月給料日前後に見通し予算を作成しています。

2017年度予算を公開【世帯年収1,000万円・アラサー世代】

2017.03.27

見通し予算とは?

 見通し予算とは、言い換えれば修正予算のようなものです。
支出もそうですが、特に収入は、固定給で将来が見通せる方ならともかく、残業代、昇給、保険料、税金などにより変動があります。

年間で立てた予算計画の中の投資金額や貯金額に対して、目標が達成できそうかを確認するためにも、毎月予算の見直しを考えています。

とはいえ、先月予算超過したから食費を削ろうなどというストイックな節約は行わず、QOLの維持向上のためのゆるい節約、家計管理を行っていますので、大幅な見直しというのは想定していません。

7月度の見通し予算

収入

想定よりも残業代が多かったためというのと、原付通勤からバス通勤になったため手取りが増えています。

貯蓄

今のところ毎月の給料からは投資用資金を、ボーナスから生活防衛資金や旅行用の貯金を捻出する計画です。

先日すでにSBUX株(スターバックス)に全力投資をしたため、投資用資金の余力はほぼありません。

7月末のポートフォリオ&売買記録

2017.07.30

管理不能支出

インターネット回線を個別契約から、マンション共用のネット回線(管理費に含まれている)に変えたことで少しゆとりができました。

一方で、原付での通勤をやめたことで発生した定期代積立分支出が増えていますが、実際には収入も増えていますので、影響はありません。

なんとなく見た目は悪いですが・・・収入をいちいち課税分と交通費分とを分けるのも面倒なのでこのままにします。

管理不能支出の大半を住居費(住宅ローン・管理費等)が占めており、これは実質削減不可能、大手キャリアから格安業者に変更もし、固定ネット回線も解約したため、管理不能支出の中で削れるものは「新聞代」のみ。
とはいえ、教養のため、仕事のため、投資情報のため、、と考えると、削減には踏み切れず・・・。

ちなみに、奨学金はおよそあと7、8年は返済期間がありますが、夫婦ともに無利子のため、繰上げ返済のメリットがあまりないため行いません。

管理可能支出

ついに外食レジャー費の増額に踏み切りました。
これは、ちゃんと家計管理を始めてからの4ヶ月で、トータル15,000円の赤字となっているためです。
節約を目指すなら、予算増額ではなく費用削減なのだとは思いますが、おとうふ家はQOLの向上と節約の両立を目指しています。
レジャーや外食に費やすお金が月額15,000円というのは、さほど高くないのではないか?というのが判断の拠り所となりました。
とはいえ、予算を増額したからたくさん使おう、というわけではなく、節度を持って消費をしてゆきます。

同じく、日用品費に至っては、4ヶ月トータルで30,000円の赤字。
振り返ると、冬物クリーニングと楽天買い回りによるストックの充実によるものです。
月次ではなく年次トータルで予算内に収まる可能性もあると思い、見直しは見送りました。

特別支出

特別支出の考え方の見直しに着手中です。
ひとまず、毎月1万円の積み立てをはじめました。
考えがまとまりましたら、ブログ内でも紹介しますが、ざっくりと「旅行積立」のようなゼイタク支出はボーナスから、「家電買い替え、帰省時手土産、犬の病院代」のような必要経費は毎月の積立金から、というように整理する方針です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

投資歴1年のアラサーリーマンです。 経済的自由を目指して、長期投資と徹底した家計管理を実践していきます。 詳しいプロフィールはこちら