7月度の家計簿公開【世帯年収1,000万円・アラサー世代DINKS】

スポンサードリンク

こんにちは。おとうふです。

早いもので7月度が終わってしまいました。
先に申し上げておきますと、今月も予算・見通し対比で赤字です。
理由は簡単。

家計管理1年生で、予算・見通しが甘かった。
使いすぎた(管理可能支出)。

とはいえ、いきなりエクセレントな家計簿が作れるはずもなく。試行錯誤は続いてゆきます。
今は収入がそれなりにあることが救いです。

7月度家計簿を公表

振り返り

収入

5月もそこそこ残業が多かったため、いつもよりは多めの収入。予算に近いのはたまたまです。
おかげさまで予定以上の資金を投資待機資金に回すことができています。

貯蓄

確定拠出年金は、夫が12,000円、妻が23,000円を毎月拠出しています。
先進国株式インデックスに66%、ダウインデックスに34%振り分けています。

投資待機資金は毎月先取りして住信SBIネット銀行の仮想口座にプールして、何回かに渡ってドル転を実施しています。
まとめてドカンとドル転する方が楽ではありますが、ドル転実施後に円高になると悔しい気持ちになるので、なんちゃってドルコスト平均法でドル転しています。

貯金の2,000円は何かというと、給料振込みをメインバンクの口座と住宅ローン口座の2箇所に指定していて、後者の振込指定金額が予算策定当初の164,000円に対して、駐輪場代が2,000円浮いたものです。
会社に変更届け出すのも面倒なので、2,000円なかったことにしてコソコソ貯金をしています。

管理不能支出

住居費は住宅ローン+管理費修繕積立金ですが、元金均等返済なので、徐々に予算との差が広がっていっています。

水道光熱費は2ヶ月に1度の水道代の請求があったため高くなっていますが、時期的なものもあり、電気代、ガス代ともお安め。

通信費は先月からauひかり回線を解約し、マンションのネットに切り替えたことでネット代がなくなったことだけでなく、妻のiPhoneの分割支払いが終わったため、6,480円と大手キャリア1台分以下の料金となりました。
ただ、来月からはmineoの割引キャンペーンが終了するため、8,000円弱となる見込みです。

定期代積立は、期の途中からバイク通勤→バス通勤となったことによる差です。
ただ、同額程度収入が増えていますので、特に問題はありません。

管理可能支出

お小遣いは、妻の分は渡し切りです。
よって、大炎上しているのは私が使いすぎたからに他ならないということです。
ちなみに赤字補填は、毎月余ったお小遣いを住信SBIネット銀行の仮想口座にプールしていますので、そこから捻出しています。

・・・言い訳をすると、普段飲み会は0か1程度なのですが、7月は4回もありました。
後輩から誘われたんじゃ仕方がないです。
ちなみに昨日は、プレミアムフライデーということで定時退社して終電まで後輩と飲んでいました。
同性の同僚と飲むと大抵仕事の話になるし、上司となんていわんや。
同僚でも異性なら仕事の話は少なく、楽しく過ごせるのでついつい。
ただ、楽しさにかまけて交際費消費が増えてきつつあるので、お小遣いの使い道も改めないと、赤字垂れ流しになってしまうと反省。

日用品費の大炎上が止まりません。ただ、これは楽天の買い回りの恩恵を受けるために、ドッグフードや髭剃り刃などの日用品のストックを先行して購入したためです。

ちなみにオーバーした分は、以前生活費としてプールしていた剰余金を充てています。
ここのところの赤字続きで、剰余金の底が見えてきたので、8月は黒字転換が必達目標となります。

外食・レジャー費は家計管理をちゃんとする以前は見える化できておらず、適当な割り勘(今日は私が〜、次は出してね的な)をしていたため、予測が難しかったのですが、案の定オーバー気味。
8月からは

10,000円→15,000円

に増額します。ただ、1万円に抑えるんだという気持ちは持っておくつもりです。15,000円が天井と意識してしまうと、今度は2万円に近づいてしまいそうなので。 

7月度の総括

「予算どおりうまくいきました!!」ばかりではつまらないですし、ブログ公開するんだから脚色しようと粉飾決算をするのはどうかと思い、赤裸々な家計状態を公開しています。
6月に引き続いて発生した大きな赤字を臆することなく公表しました。

投資も同じです。うまくいっている時だろうと、ボロボロの状態であろうと、赤裸々に公開していくつもりです。それがどなたかの参考になれば幸いです(早速先日打診買いしたスタバ株が決算発表後に暴落したことを記事にしようかと思います)。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

投資歴1年のアラサーリーマンです。 経済的自由を目指して、長期投資と徹底した家計管理を実践していきます。 詳しいプロフィールはこちら