au経済圏離脱により年14万円の管理不能支出の削減に成功!

スポンサードリンク

こんにちは。おとうふです。

エイプリルフールですけど、嘘じゃないです。はい。

 

先日スマホをauからmineo に移行したのに続きまして、auひかり(So-net)も解約しました。

 

これでau経済圏から完全に離脱したことになります。

 

これにより、毎月の管理不能支出であるネット代4,377円が0円になりました。

 

auひかりを利用していたワケ

auユーザーの方ならご存知の方も多いと思いますが、auスマートバリューという割引制度があります。

 

これは、au携帯のユーザーがauひかりと電話のプランに加入している間、2年間は月1,410円、それ以降は月934円ほど割引されるものです。

 

我が家は夫婦共auユーザーでしたので、年間2,3万円はお得になる計算でした。

元々昨年越してきたマンション内でフリーでネット接続ができるようになっており(無論管理費から利用料が引かれています)、敢えてauひかりを使わなくても済むといえば済む環境だったのですが、、、
入居時の説明書にインターネット速度:最高10Mと書いてあったので、深く考えずauひかりにしちゃっていました。

いや〜今時10MってどんなADSLかと思っちゃいますよねw

スピードチェッカーで計測してみたら、auひかりには劣るものの30Mほどあり、そこまでストレス感じずネットが利用できました。

auのスマホからmineoにMNPした今、auひかりを使い続ける理由もありませんし、auひかりを解約し、マンション内のネットを利用することにしました。

 

au経済圏離脱により年14万円の管理不能支出削減!

先の記事にて私のスマホ料金を月1,500円節約することに成功しましたが、その1月前から妻のスマホもmineoに変更し、月6,000円の節約に成功しました。
※妻の方が金額が高いのは、余計なオプションに加入していたり、端末料金をほぼ払い終えているからです。

ネット料金と合わせて、月約12,000円、年間約14万円の管理不能支出削減です!

これは本当に大きいです。夫婦の温泉旅行2回分ですからね。

やはり節約はまず管理不能支出から無理なく始めるのがイチバンですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

投資歴1年のアラサーリーマンです。 経済的自由を目指して、長期投資と徹底した家計管理を実践していきます。 詳しいプロフィールはこちら