16年お付き合いしたauさんとお別れします

スポンサードリンク

こんにちは。おとうふです。

ついに、ついに、お別れの電話をしました。
そう、私かれこれ16年もauを使っていたんです。

ちょうど、学生さんはお金がない、みたいなCMで学割を売り出していた頃から。

で、なぜauにお別れをしたかというと、今流行りの格安SIMとやらに変えようと思ったからです。
管理不能支出の削減成功です。

MNPの予約申込み電話は大変というけれど

 
MNPを申し込むには、
・電話にて予約番号の発行
・ショップにて予約番号の発行
が必要です。
 
待ち時間が嫌なので、お手軽簡単な電話にて申し込みをしました。
 
どこの携帯電話会社もそうなんでしょうけど、このMNPの申し込み、引き止めがすごいらしいです。

ということで、結構身構えていたのですが‥

 

私「あのー、MNPしたいのですが」

au「(説明略)差し支えなければ、どちらのキャリアに移行されますか?」

私「mineoです」

au「そうですか、やはり料金がということでしょうか」

私「そういうことです」

au「そうですか、それでは手続のご説明をさせていただきます・・・(説明略)」

びっくりするほどあっさりでした。

巷では、引き止めのためにポイントがもらえるとかもらえないとかいう話もあり、ましてや16年もau一筋の優良ユーザーだったのでちょっと期待していたのですが、何もなかったです。

残念です。

長期ユーザー冷遇の大手キャリアに戻ることは当分ないと思いました。

mineoとauの料金比較

まずは単純に月額の料金比較から。

au(3GB) mineo(3GB) 価格差
6,696 1,630 5,066

 

au(7GB) mineo(5GB) 価格差
7,560 2,365 5,195

※通話料は考慮せず。au3GBはスーパーカケホ、7GBは誰でも割LTEプラン。
※機種代金は含まず。
※mineoはauプランにて算出。

 

一般的なプランで比較しましたが、月額5,000円も差が出ています。

これを私のスマホ料金に置き換えて比較します。

  au(3GB) mineo(3GB) 価格差
基本料金 6,696 1,728  
auスマバリ -934    
利用料計 5,762 1,728 4,034
機種代金 3,870 3,870  
毎月割 -2,445    
機種代金計 1,425 3,870 -2,445
合計 7,112 5,598 1,589

※機種はiPhone7 plus
※mineoはdocomo回線プランを選択(テザリング利用できるため)

機種代金の購入割引がなくなるため、インパクトはそこまでありません(年19,000円)

このほか、誰でも割(2年縛り)の更新月ではない月でのMNPだと10,260円の解約料(auを11年以上使っていれば3,240円)、MNP転出手数料3,240円が別途かかってきます。

つまり、2年縛りの更新月までの月数×価格差>MNP手数料(13,500円もしくは6,480円)であれば、今すぐに格安SIMにかえた方がお得となります。

私の場合、更新月まで15ヶ月ほどありましたので、

23,835>6,480

となります。17,355円お得と試算できたため、格安SIMへ移行しました。

使っているプラン、通話の使用状況などによって状況は変わるかと思いますが、ほとんどの人は格安SIMに変えた方がお得になりますよ。

ちなみに私、3月29日時点ではまだauユーザーです。
何故ならば、auは日割りで料金計算されないのに対して、mineoは日割りで料金計算される上、通信容量(3GB)を翌月に丸々繰り越せるからです。
ただし、MNP転出手続(現キャリアに連絡)は月末の10日前までに、MNP転入手続も転出手続が完了次第すぐにし、月末までにSIMカードを手元に揃えておく必要があります。

ということで、月末ギリギリになって実際にSIMを差し替えようと思っています。

まとめ

・MNP転出引き留めは思いの外しつこくない(かもしれない)
・2年縛りの更新月までの月数×月額料金の価格差>MNP手数料+解約料なら今すぐ変えた方がお得
・手続自体は20日頃に、SIMカードの差し替えは月末に行った方がお得

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

投資歴1年のアラサーリーマンです。 経済的自由を目指して、長期投資と徹底した家計管理を実践していきます。 詳しいプロフィールはこちら